本文へスキップ

岐阜産業保健総合支援センター

研修・セミナーのご案内

事業者、産業医、看護職、衛生管理者、人事労務担当者等の産業保健関係者向けの研修・セミナーを実施しています。

現在位置:トップページ研修・セミナー>研修・セミナー参加申し込み

衛生管理者・労務担当者等研修会

研修会の予定

定員(申込表示)について
(余裕あり):申し込みが可能です。
(満席:C待受付):満席ですが、キャンセル待ちとして受付します。
(満席:受付不可):キャンセル待ちの方が多数で、受付不可になります。
(開催中止):講師の都合、台風・交通事情等の影響で開催中止します。
受けたい研修にチェックを入れて、「申込み」ボタンを押してください。
申込が完了すると受付完了メールが自動送信されますのでご確認ください。
開催時間 / 研修内容 / 講師
定員
令和3年 9月 27日(月) 開催
(13:30 ~ 15:00)
作業環境測定とは
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
講師:永田 寛彦(合同会社エスアンドエイチ所長 労働衛生コンサルタント)
有機溶剤、特定化学物質、粉じん作業などにおいては作業環境測定が義務付けられています。作業環境測定結果の算出、評価について基本的な事項をお話します。
15名

(開催中止)
15

(開催中止)
令和3年 10月 1日(金) 開催
(13:30 ~ 15:00)
(1)脂質異常症と糖尿病
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
講師:堀川 幸男(岐阜大学大学院医学系研究科内分泌代謝病態学 臨床教授)
糖尿病は、食習慣、運動習慣などの生活習慣が、その発症・進行に関与する生活習慣病の一つで、脂質異常性(高脂血症)とは血液中のコレステロールや中性脂肪が多くなる病気です。糖尿病の人は高脂血症になる確率が高く、両方が合併すると心臓病などのリスクを高めるといわれています。食生活等の生活習慣の改善について、専門医が詳しく説明します。
15名

(開催中止)
15

(開催中止)
(15:00 ~ 16:30)
(2)特定化学物質業務における健康障害防止対策
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
講師:丸井 悦男(岐阜大学工学部 名誉教授)
従来粉じん対策の規制の対象とされていたアーク溶接などでの溶接ヒュームが、神経障害の健康障害を引き起こす恐れがあるとして特定化学物質に加えられるなど、近年特定化学物質については目まぐるしく法改正が行われています。    
 特定化学物質の性質、それに付随して生じる健康障害の種類と程度、健康障害の防止対策、着用すべき労働衛生保護具などについて解説します。
15名

(開催中止)
15

(開催中止)
令和3年 10月 21日(木) 開催
(14:00 ~ 15:30)
アフターコロナの職場の健康
(開催場所:衛生管理者等Web研修会になります)
講師:百々 雅子(元山梨県立大学看護学部 教授)
コロナ禍による職場の健康への影響を改めて見直し、適切な労働環境作りに不可欠な考え方を提示します。医療者・ケアラーのためのリラックス法も紹介します。(リラックス法については講師に合わせて実技を行います。講師が参加者の状況を見ながら行いたいとの意向ですので、参加者のカメラをオンに願います。)

★受講を希望される場合は、必ず【Web研修会参加案内、注意事項等】をご覧いただき、ご了承の上、お申込みください。
20名

(余裕あり)
20

(余裕あり)
令和3年 11月 4日(木) 開催
(13:30 ~ 15:00)
(1)衛生委員会活性化に向けて
(開催場所:じゅうろくプラザ5階小会議室1)
講師:横田 高光(岐阜産業保健総合支援センター 労働衛生コンサルタント)
独立行政法人労働者健康安全機構発行の「衛生委員会活性化テキスト」に沿った内容を中心に説明します。また、産業保健スタッフが知っておくべき労働関係法令や関連指針など、基礎的な知識もおさらいします。
20名

(余裕あり)
20

(余裕あり)
(15:00 ~ 16:30)
(2)リワーク支援の紹介
(開催場所:じゅうろくプラザ5階小会議室1)
講師:皆瀬 咲(岐阜障害者職業センター 障害者職業カウンセラー)
メンタルヘルス不調による休職者の円滑な職場復帰に向けて解説します。
20名

(余裕あり)
20

(余裕あり)
令和3年 11月 5日(金) 開催
(13:30 ~ 15:00)
(1)事業場のための双極性障害の臨床
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
講師:黒川 淳一(犬山病院 副院長 名古屋経済大学特任教授)
双極性障害を有する労働者等に対する事業場の認識は高まっていますが、企業の組織全体として理解が進んでいるとは言えない状況にあります。
双極性障害の実際を理解し、職場において共に働く上でのポイントなどを解説します。
15名

(余裕あり)
15

(余裕あり)
(15:00 ~ 16:30)
(2)同僚の具合が悪くなった際の対応について
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
講師:伊藤 太一(東海学院大学 健康福祉学部総合福祉学科 講師・救急救命士)
職場の同僚が勤務中に体調不良を訴えた時、どのような視点で観察し判断するのか、いざという時の対応の仕方について、救急救命士の資格を持つ講師が説明します。
15名

(余裕あり)
15

(余裕あり)
令和3年 11月 16日(火) 開催
(13:30 ~ 15:00)
(1)職場における心と身体の健康づくりのために(THP)
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
講師:金丸 裕子(岐阜産業保健総合支援センター 労働衛生専門職)
昭和63年に示されたTHP指針(事業場における労働者の健康保持増進のための指針)が、30年以上もたって昨年大改正されました。少子高齢化に伴う高年齢労働者の増加や健康診断の有所見率の増加、心疾患・脳血管疾患の誘因となるメタボの問題やメンタル不調者の増加など、労働者の健康保持増進のための取組が求められています。新しい指針の内容や改正点、取り組むべき内容について説明します。
15名

(余裕あり)
15

(余裕あり)
(15:00 ~ 16:30)
(2)産業衛生としての感染対策について
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
講師:馬場 尚志(岐阜大学医学部附属病院 生体支援センター 教授/センター長)
新型コロナウィルス感染症対策を含めて、職場で求められる感染症対策について、岐阜県感染症対策専門家会議のメンバーでもある講師が説明します。
15名

(余裕あり)
15

(余裕あり)
令和3年 12月 2日(木) 開催
(13:30 ~ 15:00)
(1)本当に怖い歯周病の話
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
講師:萩谷 勅信(本荘歯科 院長)
歯周病は第6の慢性疾患と言われる。正しく病態を知ることで、より全身の健康維持に寄与できることを解説します。
15名

(余裕あり)
15

(余裕あり)
(15:00 ~ 16:30)
(2)産業衛生としての感染対策について
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
講師:馬場 尚志(岐阜大学医学部附属病院 生体支援センター 教授/センター長)
新型コロナウィルス感染症対策を含めて、職場で求められる感染症対策について、岐阜県感染症対策専門家会議のメンバーでもある講師が説明します。
15名

(余裕あり)
15

(余裕あり)
令和3年 12月 13日(月) 開催
(13:30 ~ 15:00)
「職場巡視のポイント」について
(開催場所:衛生管理者等Web研修会になります)
講師:中尾 守孝(労働安全・衛生コンサルタント)
事務職場、有害業務現場、高齢者職場、VDT職場、産業医の同行等 注意点を説明します。

★受講を希望される場合は、必ず【Web研修会参加案内、注意事項等】をご覧いただき、ご了承の上、お申込みください。
20名

(余裕あり)
20

(余裕あり)
令和3年 12月 22日(水) 開催
(13:30 ~ 15:00)
事業場のための双極性障害 概論
(開催場所:衛生管理者等Web研修会になります)
講師:黒川 淳一(犬山病院 副院長 名古屋経済大学特任教授)
双極性障害を有する労働者等に対する事業場の認識は高まっていますが、企業の組織全体として理解が進んでいるとは言えない状況にあります。
双極性障害の実際を理解し、職場において共に働く上でのポイントなどを解説します。

★受講を希望される場合は、必ず【Web研修会参加案内、注意事項等】をご覧いただき、ご了承の上、お申込みください。
20名

(余裕あり)
20

(余裕あり)
令和4年 1月 13日(木) 開催
(13:30 ~ 15:00)
職場のメンタルヘルス…ふり返り・気づき、そして、リカバリー(回復)に向けて
(開催場所:衛生管理者等Web研修会になります)
講師:井上 眞人(犬山病院 副院長)
ふり返り・気づき、そしてリカバリー(回復)に向けて、事業場においてメンタルヘルスケア推進の実務を担当する事業場内産業保健スタッフに求められている、労働者自身のストレス状況への気づきと効果的な対処を促す支援について考えます。

★受講を希望される場合は、必ず【Web研修会参加案内、注意事項等】をご覧いただき、ご了承の上、お申込みください。
20名

(余裕あり)
20

(余裕あり)
令和4年 1月 21日(金) 開催
(13:30 ~ 15:00)
生活習慣病予防のための食生活
(開催場所:衛生管理者等Web研修会になります)
講師:堀川 幸男(岐阜大学大学院医学系研究科内分泌代謝病態学 臨床教授)
糖尿病は、食習慣、運動習慣などの生活習慣が、その発症・進行に関与する生活習慣病の一つで、放置した場合には命にかかわることもあります。食生活等の生活習慣の改善について、専門医が詳しく説明します。

★受講を希望される場合は、必ず【Web研修会参加案内、注意事項等】をご覧いただき、ご了承の上、お申込みください。
20名

(余裕あり)
20

(余裕あり)
令和4年 1月 26日(水) 開催
(13:30 ~ 15:00)
(1)ファーストコンタクト(体調不良を訴える方への着眼点)
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
講師:伊藤 太一(東海学院大学 健康福祉学部総合福祉学科 講師・救急救命士)
具合が悪い方への初期対応は予後にも影響する大切な判断です。その対応を間違えない観察法をお伝えします。
15名

(余裕あり)
15

(余裕あり)
(15:00 ~ 16:30)
(2)職場のメンタルヘルス対策−傾聴の意義と技法−
(開催場所:じゅうろくプラザ4階研修室)
講師:渡里 光男(一般社団法人日本産業カウンセラー協会前理事)
傾聴はカウンセリングを進める上の絶対要件です。研修会ではカウンセラーに求められる傾聴のポイント(基本的態度、姿勢、技法)について学びます。
15名

(余裕あり)
15

(余裕あり)
受けたい研修にチェックを入れて、「申込み」ボタンを押してください。
申込が完了すると受付完了メールが自動送信されますのでご確認ください。